「だれでもトイレ」の使用中が多くて困っています!

◉「車いすトイレ」の使用中が増えて、本当に「それしか使えない」人が困っています。
「だれでもトイレ」「ひろびろトイレ」「どなたでもお使いください」などの表示は
「このようなトイレが必要なだれでも」の意味です!
一般用のトイレが使える人はそちらを使って、空けておいて下さい。

この前JR高槻駅から大阪市内まで帰った時、途中7ヶ所の車いすトイレ全てが使用中でした。
最近、車いすトイレを使う健常者が増えてきました。
鍵を掛けて管理している所もあり、それはどうかなと思うのですが、
特にウオッシュレットなどを備えた奇麗なトイレは、使用中が多いようです。
家庭でウオッシュレットが普及して、普通のトイレが使えない若者が増えてきたのも原因のようです。
成田空港ではテナントの男性従業員が、明石駅ビルでは若い男性が長時間占拠していました。
タバコを吸いに入っている営業マンも目につきます。
伊丹空港の搭乗口に近い車いすトイレは、ほとんど何時も健常者が使っています。
都市によって差があり、札幌は何時も空いている?
東京もマナーが良く、空いていることが多い。

普通のトイレが使えない人がいるのです。
「空いているから使えば良い」のでなく
「そこしか使えない人のために空けておく」ことが大切なのです。

明石駅ビルの多機能トイレの内側には、写真のような表示がありましたが長々使っていたのは若い男性でした!
注意したけど分かってくれたでしょうか?

c0167961_9253319.jpgc0167961_9261688.jpgc0167961_9263517.jpgc0167961_9265320.jpgc0167961_9271142.jpgc0167961_9272670.jpg
by yamana-4 | 2010-06-11 09:34 | バス・トイレ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://kurumaisyu.exblog.jp/tb/14564280
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 「障害者自立支援法一部改正案」... 車いすで淡路島に行くには明石から >>