アシステック2010/兵庫県立福祉のまちづくり研究所

◉兵庫県立総合リハビリテーションセンターは、
高度で専門的な医学的リハビリテーションサービス、社会適応のための心理・社会的リハビリテーションサービス、
職業的リハビリテーションサービス等、社会復帰に必要な一貫したサービスをこのセンターですべて受けることが
できる病院と訓練・研修・相談施設などを備えた全国有数の総合施設です。
この中に「兵庫県立福祉のまちづくり研究所」が設置されており、幅広い分野の研究・開発が進められています。
研究開発部門は2つの分野に分かれて研究が行われています。
研究第一グループ安全・安心まちづくり支援等の研究
研究第二グループリハビリテーション支援技術等の研究
毎年「研究成果発表」会が行われていますが、今年は5月28日に「アシステック2010」という発表会が行われ、
成果はhpや出版物で公表されています。
他に国内で提供されているほとんどの製品が揃えられている「福祉用具展示ホール」もあり、
情報提供や研修も行われています。

c0167961_18414592.jpgc0167961_1842470.jpgc0167961_18422584.jpgc0167961_18423924.jpgc0167961_18431939.jpgc0167961_18433726.jpgc0167961_18444826.jpgc0167961_1845590.jpg




・JR・山陽明石駅からはセンター行きのバスがあるが、本数が少ないので事前に「神姫バスhp」か「リハビリセンターhp」で時刻を調べておくのが無難。明石駅バス停時刻表には「ノンステップバス表示」があり、時刻固定されている。
by yamana-4 | 2010-06-09 18:56 | 集会.発表.学会.展示会 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://kurumaisyu.exblog.jp/tb/14553681
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 子午線のまち「明石」はバリアフ... 上海ツアー (15) 上海のサイン >>