JR福知山線事故 追悼と安全の集い 2010

◉4月25日尼崎で、JR福知山線脱線事故から5年の追悼式典があり、「悲しさと無念・5年の時空をこえて」と題するフォーラムが催された。前半は事故報告検証委員でもある柳田邦男氏の講演「事故検証の意義と期待」、後半は「事故原因の解明〜教訓への道標」というテーマで遺族・支援者・弁護士の6氏がパネラーとコーディネーターとして、事故5年を振り返りJR西日本の対応や姿勢、事故検証・教訓などについて積もる思いや今後の願いなどを語られ、車いすの乗車問題や杉本町駅問題で要望や交渉をしている者としては身につまされる思いで聞き入った。
c0167961_10499.jpgc0167961_1042730.jpgc0167961_1044032.jpgc0167961_1055038.jpgc0167961_1064254.jpgc0167961_1065923.jpgc0167961_1071428.jpgc0167961_1073149.jpgc0167961_1074527.jpgc0167961_108165.jpgc0167961_1081525.jpg
柳田氏の指摘では、アメリカと違って日本では事故調査が警察の捜査第一になること、事故調査委員会報告では運転手の個人的ミスが強調され会社全体のシステムが生み出した原因連鎖(chain of factars)の究明が不十分、委員会の"公平中立"的立場など問題が多い。
また、フォーラムでは4・25ネットワークの方々の真摯な取り組みについて、被害者へのケアは第3者機関が行いJR西日本はペナルティの金銭拠出で費用負担をするべきなど印象深く聞いた。
「JRの姿勢は変わったのか?」との問いには、会社の保身第一だったのがようやく正面から向き合う姿勢が見えてきたこと。被害者側からの申し入れで設置された「事故検証委員会」が5回開催されていて、今後も原因究明と再発防止へ取り組んでいるとなども報告があった。
集会資料には事故発生から現在に至るまでの詳細な経過と、23通もの4・25ネットワーク発信文書、各方面への要請や要望書・申し入れ書・声明・抗議・公開質問状・アピールや検察審査会への申立書・意見書などが掲載され、その努力と取り組みに教えられることが多く敬意を表します。
◉ 42・5ネットワーク
(JR西日本福知山線脱線転覆事故 遺族・負傷者のネットワーク)
で全ての情報が公開されています。
http://www.4-25.net/index.shtml
by yamana-4 | 2010-04-26 11:07 | 集会.発表.学会.展示会 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://kurumaisyu.exblog.jp/tb/14250845
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 障害者への接し方で迷うー新聞投... バリアフリー2010 (大阪)... >>