根津美術館、車いすで日本庭園を回遊出来る。が!

◉南青山の尾形光琳の国宝・燕子花図屏風所蔵で有名な「根津美術館」が、隈研吾さんの設計で建直しされ話題になっています。もう一つ、日本庭園回遊が車いすで出来るように整備されたが、庭に出るには「確認書」を提出させると聞いて確かめに行きました。
美術館は素晴らしく、バリアフリーにも十分な配慮がなされ、2階展示場には20乗りスルー型エレベータ、オストメイト対応多機能トイレ設置など努力されています。(ただし、東京メトロ表参道駅駅からの「みゆき通り」の歩道は、車いすにとっては難度の高い反バリアフリー歩道です。)
ゲートからは竹林の外壁にそって長いエントランスを抜け、美術館入口へ。
建築はガラスと金属の梁や柱を多用しているが、内装は木質系で屋根は瓦葺き、エントランスやの竹林など茶道具専門美術館らしい「和」の雰囲気を現代的に表現し、庭園との調和も素晴らしいです。
サインは有名建築家の例によってオリジナルデザインされています。トイレやエレベータなどは国際標準サインを使って欲しいのですが、建築との調和が取れないと考える建築家が多く、どこまでオリジナルが許されるか議論の待たれるところです。デザイン性が高くて嫌いでないオリジナルサインでも、建築家の趣味で決定されると独りよがりな例も多く、サインとして機能していないことがあり、考えさせられます。
◉都心にこれだけ見事な日本庭園が公開され、車いすでも回遊できるようにきめ細かい配慮で回遊路の整備がなされ、報道によると事前の職員研修も十分にされたとのことです。しかし、下記のような確認書に署名提出する事が庭園鑑賞条件にされていて問題視されています。
(1)本件庭園は、極めて起伏に富んだ地形を有する庭園であり、
   庭園としての性質上バリアフリー化等の安全措置を講じることができず、
   ゆえに、車椅子等による通行につき安全性を確保し得ない場所が多数
   存在していることにつき、十分説明を受け、これを了解しました。
(2)私は、車椅子等を利用して本件庭園を鑑賞するに際しては、
   必ず、一人以上車椅子等を要せず歩行し得る介助者で、
   貴館担当者が介助者として適切かつ相当と認める者をして、
   鑑賞中常時介助せしめることを確約します。
(3)私は、車椅子等を利用して本件庭園を鑑賞するに際し、
   万一、本件庭園を毀損した場合には、過失の有無を問わず、
   すべて私の責任と費用負担において、貴館の指示に従い、
   現状回復を行うことを確約致します。
(4)私が車椅子等を利用して本件庭園を鑑賞するに際し、万一、転倒、
   衝突その他原因の如何を問わず事故等により死亡または負傷等した場合には、
   私は、予めかかる危険の存在につき貴館より説明を受けているゆえ、
   貴館の責任を一切問わず、また損害賠償請求その他名目の如何を問わず
   一切の請求を行わないことを確約致します。

これは常識を外れた行為であり、せっかくの努力をぶち壊してしまう残念で心ないことです。
指導されている先生を通じて善処をお願いしているので、良い解決がなされると信じています。
c0167961_16521452.jpgc0167961_16523083.jpgc0167961_16524911.jpgc0167961_16531018.jpgc0167961_16534495.jpgc0167961_1722387.jpgc0167961_1731011.jpgc0167961_1732370.jpgc0167961_1734129.jpgc0167961_1742771.jpgc0167961_17122622.jpgc0167961_1745150.jpg
c0167961_1754291.jpg
by yamana-4 | 2009-12-27 17:25 | 建築・美術館・博物館 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://kurumaisyu.exblog.jp/tb/13338258
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< ハンドル形電動車イスの新幹線乗車問題 グリーンエコ『知的身体通所授産... >>