大阪の不法駐輪はここまで来ている!

◉せっかくのエレベータが全く使えない!
なぜ大阪はこんなになったのか?どうすれば良いのだろう?


新設の京阪電車天満橋駅へのエレベータ通路が不法駐輪でふさがれて使えない
c0167961_21393297.jpgc0167961_21395361.jpg







大阪市内ではいたる所で目に余る不法駐輪が行われています。原因は「駐輪する場所がものすごく不足している」「市民の意識やマナーが極端に悪い」この単純でやっかいな問題を解決できないからです。
パターンは幾つかあり
1「駐輪場がない」「駐輪場のキャパが小さすぎる」「駐輪場が遠い」など、 行政や施設管理者に一義的に問題がある。
2「ところかまわず駐輪するマナーの悪さ」これほどの例を他都市では見たこ とがなく、なぜ大阪はここまで来てしまったのか?
3「ガードマンを配置し自分の所だけ阻止」「来客への駐輪対策を全くやらな い」これはもうほとんど犯罪に近いのではと思っています。
c0167961_22331182.jpgc0167961_22333776.jpgc0167961_2259238.jpgc0167961_2301943.jpg















◉駐輪禁止地区の拡大だけでは効果はないーではどうすれば良いのか?
 <議論の前提>
・自転車はエコの乗り物であり、規制策は良くない。
・大阪市内には大型駐輪場を作るスペースが無いーこれは正しいか?
・根本的対策はいろいろ考えられるが、ここでは直ぐ出来ることに。
・とりあえず都心部を何とか出来ないか。
c0167961_2339416.jpgc0167961_23401190.jpg







★可能な対策のモデルケースは既に存在する!
・駐輪禁止区域の設定でなく、徹底的に駐輪スペースを確保する発想転換を。
 堺筋以外の歩道全てを駐輪スペースに使う。歩道の幅に応じて斜め駐輪の角
 度を調整すれば可能ではないだろうか。消火栓やバス停など規制が必要な所
 だけ禁止し、不法駐輪はすぐに撤去する。
・人的整理は不可欠。大阪市には「サイクルサポーター制度」が既にあり活用
 を、施設管理者も来客の駐輪に責任を持つ。
・市民を節度ある駐輪へ習慣づける工夫を。ガイドになる斜線を引くだけでも
 効果があるのでは。写真の例など、最初に徹底した人的整理をした場所では
 秩序ある駐輪が出来ている。

★天満橋のケースの管理者は大阪府西治水事務所・水都再生グループ。
 工事終了後は大阪市に移管されるとのこと。大阪市では放置自転車対策条例
 を検討しているとのことだが、広く情報公開し効果的な条例になるよう議論
 を高めて欲しいものです。
by yamana-4 | 2008-12-04 00:16 | 放置自転車 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://kurumaisyu.exblog.jp/tb/10257210
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 分からなければ無いのと同じ!  危険な階段昇降機をなぜ無理やり... >>